1/3

首尾の松

東京都台東区蔵前1-3

首尾の松(しゅびのまつ)は、隅田川西岸の、東京都台東区浅草蔵前に生育している松。
柳橋の舟宿から猪牙舟に乗って大川(隅田川)へ出て、山谷(吉原遊廓方面)へ向かったところにある、川面に枝をつき出した松をこう呼んだ。

名前の由来は、
吉原帰りの客がこの松の生えている場所で舟を泊め、今宵の遊女との首尾を語り合ったことから。
これから吉原へ向かう人々がここで首尾を祈った。または、「首尾を果たす松」としゃれて験を担ぎ、ここから舟で吉原へ向かった。
(Wikipediaより)